0歳から100歳までの夢の個展 レポート

 

「0歳から100歳までの夢の個展」が、11月27日、28日、29日と3日間行われました。

この個展は写真展なのですが、いったいどう行った写真展なのかと言うと、年齢ごとにモデルになっている人がいて、写真、夢、コメントがセットになって展示してあるものです。

 

この写真展で、考えさせられたのが、「夢って何?」ということ。もっと言うと「幸せって何?」ということでした。

 

0歳から順に写真を見ていくと、ヒーローや、キッズモデル、スポーツ選手や、俳優、声優など大きな夢がならんでいました。

この大きな夢って本当に大切だと思います。僕も小さい頃に「プロ野球選手」と言う夢を抱いていたことを思い出しました。

現実的なことを言うと、子どもって成長していくと必ず挫折を味わうことってあると思います。それを乗り越えて、今持っている大きな夢をできるだけ長く抱いていてほしいなと思いました。

 

20代以降では、今の仕事に誇りを持っている人や、現実を見ながらも夢を捨てきれない人、好きなものに向き合っていたり、家族と向き合っていたり、家族を作ることが夢だっていう人もいました。

自分も同じ年代なので、共感する部分もあったのですが、それぞれ境遇が違って、全く違う夢を持っていたりするので、本当にいろんな人がいるなーって思いながら見てました。

 

50代以降は、人によってまだまだやりたいことや夢を持っている方もいましたが、毎日を精一杯生きることを夢にしている方もいました。

いろんな人生経験を積み重ねた上で語る夢や想いというのは、説得力が増して、心に刺さる言葉ばかりでした。

そして、多くの方が言葉に表していたのは「感謝」という言葉でした。

年齢が高齢になるにつれて、夢は変化していって、些細なことに楽しみや幸せを感じていたり、日々を精一杯生きている方が多くいると感じられました。

現実的なことを言うと、年を重ねるごとにできることは少なくなっていきますが、だからこそ、些細なことに楽しみや幸せを感じたり、日々を精一杯生きて、感謝することができるようになってくるのだと思います。でもこれは、決して大きな夢をあきらめていることではなくて、原点に戻っているように感じます。年齢とか関係なく、人生において大きなテーマなのだと思います。

 

私たちに明日はおとずれない。なぜなら、明日になったら、それはもう今日だから。

今の積み重ねが未来となっている。

そのことを思い知らされたような気がします。

本当に大きなパワーをもらいました。今から人生の先輩方を見習って、毎日を精一杯生きて生きたいと思います。

やりたいことや夢はいっぱいありますけど、毎日を精一杯生きて、感謝して、些細なことに楽しみや幸せを感じることができれば、自然と夢も叶えていけるのかなと思います。

 

今回初めて知った方もいると思いますし、知っていたけど行けなかった方もいるかと思います。

また次回開催されると思いますので、ぜひ行って見てください。

次回の開催に関しては、随時こちらで情報を公開していきたいと思いますので、モデルになりたい方などいましたら、チェックお願いします。

https://camp-fire.jp/projects/view/338554

ではまた!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る